代表司法書士 春日

  • 預金解約
  • 不動産名義変更
  • 生命保険請求
  • 株式名義変更
  • 相続放棄
  • 遺言書作成サポート

相続手続きのプロフェッショナル。私たちは、赤羽法務事務所です。

案件に応じたカスタムパック ご安心ください! 赤羽法務の相続は、費用の上限が決まっているんです!

1.主任 柴﨑 だから安心なんです!預金解約 不動産名義変更 生命保険請求 株式名義変更 家庭裁判所 上限設定金額 遺産総額の1%目安 詳細はお問合せ下さい 各手続きにかかる実費は別途となります 先ずはお客様に必要な手続きのみを加算します。

2.預金解約 不動産名義変更 生命保険請求 株式名義変更 家庭裁判所 上限設定金額 遺産総額の1%目安 詳細はお問合せ下さい 各手続きにかかる実費は別途となります ご費用が決められた一定額を超えた場合は遺産総額に応じて設定した上限金額のみ頂きます。

その他料金の詳細はこちら

ご相談無料 個別 無料 相談 予約受付中!

手続き全てワンストップ!! 赤羽法務相続事務所が相続手続きをワンストップでお引き受けします 各お手続きのご説明 代表司法書士 春日 主任 柴﨑

預金解約

~故人の預金が引き出せない!?~

金融機関は預金の名義人が亡くなったことを届けると、直ちに口座を`凍結`させ、基本的に入出金ができない状態にしてしまいます。
なぜかというと、その口座に入っている預金が『遺産』になったからです。
『遺産』ということは、法定相続割合に応じて、各相続人に『もらえる権利』が発生したことになります。
金融機関は、ある特定の相続人だけに預金を渡してしまうと、後日、他の相続人がもらえるはずの預金が、もう口座には残っていない状況となってしまいます。
そこで、トラブルになる可能性があるのです。
したがって、金融機関は口座を凍結させた後、「本当にこの人は相続人なのか?」「本当に他に相続人はいないのか?」「本当に誰が幾らもらうか話し合いや遺言書で決まっているのか?」などを確認するため、出生から死亡までのすべての戸籍謄本や遺産分割等の書類を提出させるのです。
提出書類が不足していたり、書類に不備がある場合は、金融機関は絶対に凍結口座を解約してくれません。
皆さん初めは金融機関などに行けば何とかなる、と思って進めますが、そのうちに、途中で断念する方がとても多いのが現状です。
実際に今までの私達の経験では、ここまでは自分でやってみたけど、このあとはお願いします、といった方が大半です。
戸籍謄本などの必要書類収集は、私達が手配すれば無駄なく漏れなく揃いますし、書式がバラバラで複雑な各金融機関への提出書類も基本的に私達が記入します。
さらにお客様に各窓口へ出向いていただく必要もなくなります。
もちろん私達は、遺産が預金のみの方にも対応しております。

続きを読む

不動産名義変更

~法務局への相続登記申請!!~

不動産の名義人が亡くなると、法務局に対し、相続登記と呼ばれる不動産名義変更手続きが必要となります。
預金解約の金融機関と同様に、当然ながら法務局でも細かい審査が行われます。
さらに、金融機関では必要ない書類も要求されます。
普段は馴染みのない法務局へ何度も足を運び、何とか手続きを終えたと思っていても、後日その不動産を売却しようとした際に、私道部分の持分が手続き漏れだったことが判明したり。
私達が代理することによって、法務局へ出向いていただく必要がなくなりますし、手続きを漏らすこともありません。
私達は司法書士という国家資格にて相続登記を代理できる専門家です。
さらに、オンラインでの登記申請を採用していますので、全国どこの不動産にも対応しています。

続きを読む

生命保険請求

~いち早く請求したい!!

ご家族が亡くなると、お通夜・ご葬儀・四十九日、場合によってはお墓探しと、心身共に休まらない日々が続きます。
また、なにかとお金が必要となり、お困りの方が多くいらっしゃいます。
預金解約にある程度の時間が必要となる中、生命保険の請求は、いち早くしておきたい手続きではないでしょうか?
相続手続きと呼ばれるものの中でも、優先順位をつけて進めていくことが大切です。
私達はどの保険会社へもスピーディーな請求を心掛けています。

続きを読む

株式名義変更

~相続手続きに加え新規口座開設!?~

株式の名義人が亡くなった場合も、当然に証券会社などへの相続手続きが必要となります。
この手続きの難易度は、金融機関での預金解約を上回ります。
例えば株式に興味がなく、売却しようとした場合でも、一度は相続人名義に手続きした上での売却となるのです。
さらに、名義変更する相続人は、特定口座という新たな口座を開設しなければならない場合が多く、株式に興味のない方にとっては面倒に思われることでしょう。
もちろん私達は、この株式名義変更にも対応しています。

続きを読む

相続放棄

~借金も相続!?~

遺産総額が1,000万円でも、借金が2,000万円だと、皆さんどうされますか?
相続が発生したら、まずはトータルでプラスになるのかマイナスになるのかを判断することが大切です。
マイナスとなる場合は、家庭裁判所への『相続放棄』の申し立てを検討しましょう!
気をつけたいことは、この申し立てには『期限』があるということ。
亡くなったこと・自分が相続人だと分かってから、原則3ヶ月以内に申し立てなければなりません!
もし、プラスかマイナスかの判断に迷う場合は『相続放棄の熟慮期間伸長』の申し立てが可能です。
期限を伸ばし、その間に資料などを取り寄せ、じっくり判断することができるようになります。
ただし、注意したいことは相続放棄をしてしまうとプラスの遺産も受け取れなくなる、ということです。
遺産の中に自宅不動産などがある場合には、慎重な検討が必要です。
もちろん、これらの場合でも私達がしっかりとサポートできます。
尚、3ヶ月を経過してしまった場合でも、状況によっては申し立てが可能です。

また、相続手続きの中には、以下に該当する場合にも家庭裁判所への申し立てが必要となることがあります。

・亡くなった方の自筆遺言書がある→(遺言書検認の申し立て)
・相続人の中に未成年者がいる→(特別代理人選任の申し立て)
・相続人の中に認知症等の方がいる→(成年後見の申し立て)
・遺言書はあるが自分では手続きできない→(遺言執行者選任申し立て)
などなど…

まさか自分は、と思っていても家庭裁判所への申し立て件数はとても多いのです。
もちろん私達はこれらの申し立てもしっかりとサポートします。

続きを読む

遺言書作成サポート

~公正証書による遺言書作成サポート【ワン・ツー・スリー!】)~

ご自身の大切な財産を誰に、どのように分けたいのかは、ご本人自ら決めるべきだと思います。
また、実際の相続手続きをするにあたり、公正証書による遺言書の有無によって進め方や必要書類にかなりの差が出ます。
当然に『有り』の方が簡単になります。
『ウチはみんな仲が良いから』『遺言書を遺すほど財産はないから』と、気にはなるものの、なかなか遺言書の作成に着手できない方が多くいらっしゃいます。
また、一度は作成したものの、『状況が変わり内容を書き換えたい』という方も沢山います。
そこで私達は『一緒に考えてみませんか?』『大丈夫。私達がしっかりとサポートします』『その遺言内容のままで本当に大丈夫ですか?』との思いから、遺言書作成【ワン・ツー・スリー!】を提案しています。

ワン :初回の打合せ(その後、私達が必要書類を収集し、遺言の原稿を手配)
ツー :2回目の打合せ(原稿をチェック・修正)
スリー:公証役場にて遺言書完成

このように3回でしっかりとした遺言書が作成可能です。
もちろん、遺言書作成の際の「証人2名」も私達がお手伝いしますし、遺言執行も承れます。

是非一度、お問い合わせ下さい。

続きを読む

赤羽さんがもれなくやってくれたおかげだな お父さん全部すみました、もう安心よ ほんと、最初からお願いすればよかったよ

ご相談無料 安心の完全予約制 秘密厳守 赤羽法務事務所が相続手続をワンストップでお引き受けします ご相談無料(無料個別相談受付中!) 0120-520-017 受付時間9:00-24:00 年中無休(年末年始除く)

ご相談無料 相続に関するご相談はこちらから

司法書士法人 赤羽法務事務所

  • 〒115-0044
    東京都北区赤羽南1-3-7
    関根ビル2F
  • JR赤羽駅南改札徒歩2分
  • 営業時間 平日 9:00 ~ 18:00
  • 電話受付 年中無休(年末年始除く)
  • 受付時間 9:00 ~ 24:00
  • [ 事務所代表番号 ]
  • 登記業務 03-5249-3598
  • 債務整理 03-5249-3031

ご相談は無料 対応地域は赤羽を中心に30km圏内

当事務所公式ブログ あかばねHome 相続に関する豆知識や日々の業務をご紹介しています 公式ブログはこちら

日々の徒然を記しています 代表司法書士 春日順子 公式ブログ

相続に関する無料相談はこちら

※全て記入必須の項目となっております。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご住所(番地不要)
当事務所からの
ご返答方法
ご相談内容

お電話での相続に関する無料相談はこちら

ご相談無料(無料個別相談受付中!)0120-520-017 受付時間9:00-24:00 年中無休(年末年始除く)

赤羽法務事務所

  • 代表司法書士:春日順子
  • 司法書士登録番号:東京第2186号
  • 認定司法書士認定番号:第501049号
  • 〒115-0044
    東京都北区赤羽南1-3-7 関根ビル2F
  • JR赤羽駅南改札徒歩2分
  • 営業時間 平日 9:00 ~ 18:00
  • 電話受付 年中無休(年末年始除く)
  • 受付時間 9:00 ~ 24:00
  • [ 事務所代表番号 ]
  • 登記業務 03-5249-3598 債務整理 03-5249-3031

ページトップ